河合善水の経歴

 

 

1977年5月生まれ

 

 

3歳~小学校6年生まで

豊橋市で過ごす

 

 

中学・高校時代

両親の離婚を機に豊川市で過ごす

貧しくてお菓子をあまり買ってもらえなかったため

お小遣いで材料を買い、クッキーやケーキを作るようになったり

ないものは自分で生み出すようになりました。


中学の時、

友達のお部屋がすごく女の子らしい白くてきれいな部屋だったことに

 衝撃を受け、自分の部屋をきれいにするようになりました。

インテリアや雑貨にも興味を持ち始めました。


 

高校卒業後~27歳まで

豊橋市で過ごす。

国立豊橋病院附属看護学校卒

市内の総合病院を経て、精神病院で働く。

不規則な生活のため一人で過ごすことが多く、

フランス映画や文化にはまっていきました。

 

 

2005年1月(27歳)

結婚、名古屋へ引っ越す

 

洋裁の専門学校で洋服作りを学んだ後、

瀬戸の陶器メーカー直営店でテーブルウェアーの販売員をする。

陶器・リネン・作家さんの手仕事に魅了される。

 

 

2006年

9月~12月、単身渡欧。

フランスを中心に、近隣諸国を旅しながら生活体験をする。

 

 

2007年 

1月~10月、静岡県藤枝市にて過ごす。

骨董の盛んな静岡で、アンティークやジャンクなものに惹かれるようになる。

この頃インテリアコーディネーターの勉強を始め、1次試験合格。

 

11月、名古屋に転居。

築50年の古民家を借り、夫婦でリフォームする。

整理収納アドバイザー2級取得。

 

 

2008年

重曹・クエン酸など食べても安全な無添加素材で行うハウスクリーニング会社で働く。

掃除の他、整理収納業務やオーダー家具の発注などを見せていただく機会に恵まれた。

庶民から富裕層まで、様々なお宅を拝見。

 

7月

自宅で「1日雑貨店」を開く。1日で100名を越す来場者があった。

その経験から、雑貨メーカーにて布雑貨企画の仕事をする。

 

この頃から食の安全に関心が高まったため、

お菓子づくりは洋菓子からマクロビお菓子へと徐々に変化して行きました。

 

 

2009年8月、女児出産。

 

 

2010年5月

豊川市へ転居。築約40年の主人の実家だった家で暮らし始める。

育児の傍ら、夫婦で家のリフォームをする。

インテリアコーディネーター二次試験受験、合格

    

 

2011年

1歳児の娘とのんびり暮らす。

豊川産の豊かな野菜や果物で保存食作りに勤しむ。

子供にも安心して食べさせられるマクロビおやつばかりを作るようになる。

alice gardenにてガーデンデザイン講座受講。

 

2011年秋~ 暮らしを楽しむ会プレスタート

 

 

2012年

娘が入園 

1年間、整理収納講座に通う。

駐車場と庭を作る(alice garden施工)

9月、暮らしを楽しむ会を本格的にスタート

 

 

2013年

10月整理収納アドバイザー1級合格

整理収納事業開始



2014年9月

マクロビオティック上級コース終了

(クリスタルファミリークッキングスクール)

  


2014年10月

たいわ講座受講

自分のからだと話せるようになる



2015年5月

たいわヒト講座受講

他者のからだの声を聞ける伝える方法を学ぶ



2015年8月

たいわヒト認定を受ける

たいわヒトとしてからだの声を聞き伝えるお仕事をスタートする